カラダのこと |  周辺のお店 |  おすすめの本 |  ブラックボード |  雑学 |  いけだの奇妙な雑談 |   いただきました♪ |   日常

疲れをしっかり回復するための、睡眠3つのポイント!

こんにちは。

楽しく遊ぶのにも、家事・仕事をバリバリこなすにも、体力は必要ですよね。

その土台を支えるのは、何をおいても、睡眠。

今回は、体力を回復するための睡眠のコツをご紹介します。

 

1.6時間以上眠る

睡眠の時間を、しっかり確保しましょう。

6時間、できれば7時間以上はとりたいところです。なぜなら。。。

睡眠不足を続けると、

あらゆる病気にかかりやすくなります。

集中力・記憶力をはじめとして脳機能がダウンします。

「6時間睡眠を10日続けると、24時間徹夜したのと同程度の認知機能になる」

という研究結果も出ています。

仕事の効率を良くするためにも、しっかり眠ることが必要なんですね。

※どうしても寝る時間が確保できない場合は、昼間の仮眠も有効です(*^^*)

 

2.寝る前はリラックスして過ごす

眠る前2時間の、生活習慣をみなおしてみましょう。

眠りの質を高めるために、

体のONとOFFを切りかえる必要があります。

 

わたしたちのからだには自律神経がそなわっていて

昼に活動モードで過ごすための交感神経と

夜に休息・修復モードで過ごすための副交感神経がうまく切り替わるのが理想です。

ですが、寝る前にたとえば仕事のことを考えていると交感神経が優位になってしまいます。

ほかに、眠る前にやってはいけないことにはこんなことがあります。

 熱い風呂に入る・激しい運動をする・満腹で寝る・ゲーム、スマホをする

 お酒を飲む・多量の水分をとる・カフェインをとる

などなど。。。

 

なかでも、スマホ・ゲームをしていて眠りが浅くなっている人が多いそうです。

仕事の帰りが遅くて2時間もリラックスしてられない!というかたも、

せめて眠る30分前には スマホやテレビのブルーライトから遠ざかってくださいね。

そして、音楽をきいたり、軽いストレッチをしたりしてみてのんびりすごしてみてください。

何か読むなら、紙の本にしましょう。

 

3.疲れたときこそ、運動!!

睡眠のはなしなのに、運動??と思われたかもしれません。

こどもの頃、成長に欠かせない成長ホルモン。

成人してからは、身体を回復・修復してくれます。

ただ、このホルモンは眠っているときと 運動しているときにしか出ません。

有酸素運動を30分することで成長ホルモンが出ます。

疲れたときこそ、のんびりするよりも運動したほうが良いんですね。

また、運動・入浴・深い睡眠には筋弛緩作用があります。

筋肉がだら~んとして、ゆるむんですね。

睡眠の質をあげるためにも、熱すぎないお風呂に入ったり、運動をすることも大切です。

以上、疲れをしっかり回復するための3つのポイント

 

1.6時間以上眠る

2.寝る前はリラックスして過ごす

3.疲れたときこそ、運動!!

 

でした!

 

かん

発酵 ウコン茶 いただきました

先日、『発酵 ウコン茶』をいただきました~。

ウコン、二日酔い防止に飲む ウコンの〇〇〇で有名!?、

ウコン=ターメリック カレー粉の成分、併せて食べるとおいしいターメリックライス、何となくカラダに良さそうなものと思っていましたが、良く知らなかったので成分など調べてみました。

まず、ウコンと言っても約50種類以上のウコンがあり、日本では4種類が販売されているそうです。

・春ウコン ミネラルや食物繊維を多く含んでいるのが特徴

・秋ウコン 今回いただいたのはこちら。ウッチン茶として広く親しまれ、根茎の断面が綺麗なオレンジ色をしているのが特徴(この色素がクルクミンで他のウコンの約10倍の含有量)

・紫ウコン 漢方薬として使わていて、その効能は素晴らしいらしい!

・黒ウコン 黒ウコンにはポリフェノールやアントシアニンが豊富に含まれており強い抗酸化作用がある

 

【ウコン茶のここが素晴らしい】

ウコンの主成分、クルクミンは肝臓機能を正常に保つのを助けてくれます。お酒を飲むと肝臓に負担がかかりまいますが、クルクミンの解毒作用や胆汁の分泌を促す効果がお酒の分解を助けてくれるため二日酔いに効果があると言われています。

また、漢方薬としても使われていて様々な病気に対してその症状を緩和してくれる効果があるといわれています。胆汁の分泌を助けてくれるため血中のコレステロールを下げてくれたり、高血圧や胃腸、肝臓などの病気に効能があるそうです。

他にも血管を丈夫にしてくれる成分を含み、代謝を高める効果が期待できるので、継続的に飲めば健康寿命が伸びそうですね~。

気になるお味ですが、今回いただいたものは苦みや癖など全く無く、甜茶ほどではありませんが少し甘みもあり、とっても飲みやすくおいしかったです☆

ごちそうさまでした(^^)/

 

※ウコン茶の注意点!! 衣服に付着すると色落ちが難しくなるのでお気を付けくださいね。

けんもつ

 

 

しもやけの予防と、自分でできること。

こんにちは。

先日積もった雪、まだ残っていますね。

あの日、雪ではしゃぎすぎたせいか、がっつりしもやけができてしまった菅です。

 

 

こんな感じに。(笑)

かゆくはないのですが、手先で目につきますし、早く治したい。

しもやけは、一日の気温差や、室内外の寒暖差が10℃以上になると、できることが増えてきます。

寒さに対して身体の調整がうまく働かず、血管がきゅっと縮んで血行不良になることが原因だと考えられています。

・手袋など、防寒具で手足を冷やさない

・汗や水仕事で手足を濡れたままにしない

こんなことが、予防につながります。

・ビタミンEを含む食材をとる

・からだを温める

などして、血行を改善させると、回復が早まるそうです。

ちなみに根菜なども、からだをあたためる働きがありますよ。

ビタミンEを多く含む食材には、落花生・大豆・アーモンドなどの豆・ナッツ類。たらこ、マヨネーズ、植物油。煎茶などがあります。

お鍋で温まるのもいいですね!

 

冬でも、うるおい肌へ2【正しく入浴する】

こんにちは。

だいぶ空気も乾燥してきました。静電気でパチっとなってしまうことも増えてきたのではないでしょうか><

乾燥肌対策 その2、お風呂編です。

お風呂は一歩間違えると乾燥肌の原因になってしまいます。

以下に注意して、寝る一時間前に入浴すると ぐっすり眠れてお肌になお いいですよ。

 

 

★ぬるま湯に、短時間で。

シャワーも湯舟の温度も、熱すぎない温度、38~39度に設定しましょう。
そして湯舟につかる時間は20分程度にしましょう。

★こすりすぎと洗いすぎは乾燥のもと

皮脂の少ない部分(手足・腰・おなかまわりなど)は、ボディーソープやせっけんで洗うのを2~3日に1回に減らす。
もし毎日洗いたいときは、アミノ酸系のものなどマイルドな洗浄力のものを使う

★お風呂上がり後は、すぐ保湿!

入浴で、多かれ少なかれ 角質層のうるおい成分は流出。
皮脂膜も洗い流されています。
しっかり保湿して肌を守りましょう。

長引く痛みへ、自分でできること。

このタイトルへ惹かれて、ここを読まれているあなたに

手に取っていただきたい、ちいさな冊子があります。

 

読んで腰痛を治す、『人生を変える幸せの腰痛学校』伊藤かよこ著 (プレジデント社)

から、小冊子ができました。実際に何ができるかをまとめた、実践用の冊子です。

内容は10ページと、コンパクトにまとめてあります

そして中に書いてあることを、ひとつでもいいので試してみてください。

きっと、おおきな発見があると思います(*^^*)

 

どこかが痛い、もしくは不調が長く続いていると、

からだそのものに問題があると考え、からだのみを治そうとしてしまいがちです。

ですが、

治すことが必要なのは「からだ」そのものではなく「考え」や「行動」なのです。

 

 

いずれも、ひとりで、簡単に、お金もかからずできることばかりのことが紹介してあります。

 

無料でお配りしていますので、

外のブラックボードや、院内でお取りください(*^^*)

 

 

 

冬でもうるおい肌へ1【しっかり睡眠をとる!】

こんにちは。

乾燥肌対策、まずは睡眠をしっかりとることが重要です。

そうすれば、成長ホルモンが分泌されて、お肌の回復へつながりますからね。

以前は 「22時~2時はお肌のゴールデンタイム」といわれていましたが、

近年の研究では「寝始めてから3時間をいかに深く眠るか」が大事だとわかってきたそうです。

しっかり成長ホルモンを分泌させて肌を回復させるためには。。。

★就寝前2時間、どんなに悪くとも1時間は食べ物を口にしない

★寝る2時間以内に食べ物を口にしたら、軽い運動をするなどして、血糖値を下げる

★寝る1時間前に入浴をするなど身体を温め、寝る前には体温が戻っているようにする。

 

乾燥肌対策、続きはまた。

『VIDAカイロプラクティック大宮整体院』が大宮駅前に移転します

2017年11月下旬、岩槻市の「古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院」がリニューアル&移転することになりました。

今日はそのお知らせです。

VIDA(ヴィダ)カイロプラクティックはもちろん、古川カイロプラクティック(以下、古川カイロ)を知らないひとのために簡単に説明させていただきますね。

*新しいHPはこちら。
http://www.vida-omiya.com/

 

 
古川カイロは岩槻市で開院から13年のベテラン整体院。

整体業界の「食べログ」にあたる大手口コミサイトのエキテンでは、古川カイロはなんとさいたま市で1位、埼玉県全体でも2位という高い評価を得ています。

 
こちらは親子で経営をされていて、地元のひとはもちろん全国から鍼灸師や治療家が勉強に来るほどのカイロ・整体院です。

 

~古川院長って、どんなひと?~

 

というわけで、まずはその人柄と僕との関係性を書かせていただきます。

 

 
この度、VIDAカイロの院長に就任される『古川一就(かずなり)』さん。
 
実は、古川院長は僕の兄弟子にあたる人で、昔から良くしていただいていました。
 

こちらは免疫学・血液検査の勉強会あとの懇親会にて。

 

こちらは治療家が集まっての合同勉強会でのひとこま。

夜20時からのスタートにもかかわらず、しかも平塚での開催でしたが、埼玉から2時間電車を乗り継いで参加されました。

本当に勉強熱心です。


また面倒見もすごくいいひとで、今でも一緒に勉強したりお酒を飲んだり、サッカー日本代表戦などもご一緒させていただいています。

日本がワールドカップ出場を決めた試合では、ニセべ選手とえんどう選手ともバッタリ。

昨年の僕の結婚式では、山根康広さんの名曲、

『Get Alonge Together』

を熱唱していただきました。

 

もともと歌手を目指していただけあって、その歌唱力はさすがのものです。

 
治療技術に対しても決して妥協することがなく、かつ柔軟な思考で、整体やカイロに限らず様々な治療法やアプローチ法を常に学ばれています。

 

~古川院長にアレコレ聞いてみた~
 


【メニューについて】

現在は整体・カイロで腰痛・肩こりなどの症状を改善するお手伝いを中心に、妊娠したい女性をサポートする妊活、やめたくてもなかなかやめれないひとのための禁煙治療、さらには断食・ファスティングもメニューにあるそうです。

自律神経失調症などにも対応していますので、そうした悩みをお持ちのかたもぜひご相談ください。
 

【予約について】

予約は完全予約制、受付には古川院長の奥さまがいらっしゃるので女性も安心して通うことができるでしょう。
 

【妊娠中でも受けられる?】

安定期に入っていれば妊娠中のかたも対応ができるそうで、もちろん出産後は骨盤矯正を受けることもできます。

また、見守りサービスもされるそうなので、子連れでも大丈夫ということでした。

プランによっては数ヵ月先までまとめて予約をすることもできるので、計画的にカラダを変えていくことができそうですね。
  

【その他サービス】

料金などはホームページが出来上がり次第ご確認いただければと思いますが、まとめて支払うことで恩恵を受けられるプランもご用意しているとのことです。

また、現金だけではなくクレジットカードでの支払いも可能になっています。

着替えも用意されていますので、お出かけの前後や仕事帰りの時間でも心配ありません。
 

===

 
以上が古川院長にコッソリ教えてもらった情報です。

定休日などはまだ未定とのことですので、HPに情報が上がってくるのをお待ちいただければと思います。
  
  

家族と友人、仲間、そうした「ひととひとのつながり」「ご縁」を何より大事にし、常にまわりが喜ぶことを考えている古川院長。

そんな古川院長を僕は心から尊敬しています。

 

たくさんの先輩や後輩、そして患者さんはもちろん、地元の商工会の皆さんからの信頼も厚く、まさに男が惚れるおとこと言っても過言ではありません。

正直大宮周辺にお住まいのかたがうらやましく思うほどです。

 

もしあなたやご家族が大宮周辺で信頼できる整体院をお探しなら、ぜひ一度『VIDAカイロ』さんにご相談ください。

僕もひとりのプロの整体師として、自信を持っておすすめします。

 

VIDAカイロプラクティック大宮整体院のHPはこちらです
http://www.vida-omiya.com/

 

院名:VIDAカイロプラクティック大宮整体院
住 所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1-34-3 大宮M1ビル4F
受付時間:10:00~19:00 (完全予約制) 
定休日:不定休
電話番号:048-871-6033(予約の受付は2017年11月下旬以降)

冬でも、うるおい肌へ。

こんにちは。

11月6日は立冬でしたね。

はやくも、ふゆ。

冬といえば、乾燥も気になりますよね。

早めの対策をして、うるおい肌で過ごしましょう♪

 

 

 

 

 

黒板本文→【冬でも、うるおい肌へ。

肌の乾燥対策には、化粧品を用いた外側からのアプローチと、睡眠や食生活といった

内側からのアプローチがあります。ざっくり言いますと・・・

外側:★保湿成分を含んだもので、正しくケア  

   ★熱すぎるお風呂で、長湯しない

   ★寝具や衣類は刺激の少ないものを

   ★部屋を加湿する

内側:★良質な眠りがとれる環境づくり

   ★良質なビタミンやタンパク質、亜鉛などの栄養素をとる

などです。詳しくは、次回以降。。。】

その腰痛、あきらめなくても大丈夫ですよ!

 

 

ここ元住吉で開院し、おかげさまで9年目を迎えました。

これもいつも来ていただいている皆さまのおかげです。

 
当院に来院されるかたの腰部分の悩みの多くには
 

・腰が痛い

・腰が重い

・腰がピリピリする

・腰から足にかけてしびれる
 

などがあげられます。

今日はその腰痛についてお話しようと思います。

 

【腰痛と幽霊は似てる?】

 

あなたは幽霊を見たことありますか?

僕はあります。

でも、幽霊と思ってよく見たらカーテンが揺れているだけでした。。。

 
なんてことはよくある話で、今回のブログの内容は実は腰痛もそれに似ているというお話です。

 

【日本人の約90%が経験するという腰痛】

 

 

実に1000万人以上のかたが悩むこの腰痛ですが、「腰痛」がどういうものかをよく知らない方が非常に多いのが現状です。

そして、よくわからないからこそ怖くもなるし改善が遅くなってしまうのです。
 

あなたのまわりにもいませんか?

「わたし、腰痛持ちなのよ~」

とおっしゃるかた。
 

実は、そうした何気ない一言が腰痛との縁を切らせてくれないのかもしれませんよ。
 
 

【病院ではどんな治療をするの?】

 

 
腰に痛みや不調を感じたとき、選択肢に病院を思い浮かべるかたが多いかと思います。

では、病院ではどのようなことをしてくれるのでしょうか。

 
これは経験したかたも多いと思いますが、ほとんどの場合まずレントゲンを撮られます。

本来であれば、問診や動作テストで安全な腰痛かそうでないかが判断できますが、病院ではなぜかいきなりレントゲンを撮ります。

なぜなんでしょうかね。

 

 

これは日本の腰痛ガイドラインに載っている腰痛患者への診療フローですが、

画像診断は一刻を争うような重篤なものを除けば一番最後に行うルール、なんですよね。。。

 

参考文献はこちら

日本整形外科学会,日本腰痛学会監修.腰痛診療ガイドライン2012. 

 

お医者さんはそのレントゲン画像を見て、

骨と骨の間が狭くなってるとか

椎間板が飛び出してるとか言いますが、

実際には「治療」と呼ばれるものはほとんどなく、最後に痛み止めと筋弛緩剤を処方されて終わり、というのがほとんどですよね。

 
これは、特に治療はする必要はないから筋肉を緩める薬を飲んでおいてね、というふうに受け取るのは僕だけでしょうか。

 

 

【ガラッと変わる腰痛の新常識】

 

数年前までは、骨が曲がっている・椎間板の変性などの構造的理由によっておこるものだとされていました。

最新の研究では、心理的・社会的なことが痛みを引き起こす要因になるということがわかってきました。

端的にいえば、心理的ストレスや社会状況によって脳が影響を受けてしまい、腰痛を発生するということがわかってきたのです。

 

 

もし、前者のように「椎間板が飛び出ている、いわゆるヘルニアのせいで腰が痛い」というのであれば、

今日はひどくない、今日は特に痛い、など日によって痛みの度合いが変わるのでしょうか。

まさか日によって、時間帯によってヘルニアの飛び出しかたが変わるんでしょうか。

僕にはとうていそうは思えません。

 

【ヘルニアは健康のしるし?!】

 

最近ではNHKでも腰痛に関する番組が放送されるようになってきました。

その多くが、いままで常識とされてきた「腰痛は背骨に原因がある」「骨盤のゆがみが原因である」といったものを否定し、科学的根拠に基づいた情報が増えてきました。

そのおかげで僕たちの話しが皆さんに通じやすくなっててとても助かります。

 

例えば、

ヘルニアと腰痛は関係があるのか、ということを調べた実験があります。

これはランダム化比較試験という非常に信頼できる検査が行われたもので、世界中の研究者が出した答えは

「腰痛とヘルニアは関係がない」

というもの。

 

では、腰痛の原因は何なのだろうか。

そのひとつの答えが「脳」なのです。

 

*ためしてガッテン より引用

 

ひとはストレスを受けると脳がそれを受け取ります。

すると、痛みを感知する部分が暴走をはじめ、腰に「痛みを生み出す」ことがわかってきました。

 

そう、「腰になにか問題がある」わけでもないのに痛みを作り出してしまうのです。

これが腰痛の正体でした。

 

【治療はせず、楽しいことをするだけ?!】

 

数十年ものあいだ、つらい腰痛に悩まされ続けた男性がいますが、その男性も今では腰痛とは無縁の生活を送っています。

特に治療という治療は何もしなかったそうです。

では、どうやって腰痛を克服したのでしょうか。

 
続きは次回、
 

 

ではなく、ちゃんと答えます(笑)

 

それは、、、

 
趣味だったラジコン飛行機を再開した、です。

 
楽しいことをすると、脳のなかで様々な反応が起こり、痛みを感じにくくなるそうです。

 

*ためしてガッテンより引用

そして、「痛みがない生活」が続くと、それをまた脳が「当たり前のこと」として認識するので、負の連鎖から抜け出すことができるのです。

 

【じゃあカラダには問題がないの?】

 

先述のとおり、どうやら脳とストレスが関係しているということがわかってきました。

なので、ストレスさえ何とかすれば腰痛はなくなるということです!

 

と言いたいところですが、カラダにも原因はあるのです。

 

どういう状態のときに痛みが出るかというと、

「腰やその周辺の筋肉が疲労状態(血行不良)にあるとき」

です。

 
これは、単に全身疲労をはじめ、座りっぱなしや立ちっぱなし、または変な体勢が続いたときなどの使い過ぎによる部分的な筋疲労によるものです。

こうした状態には、マッサージや整体などのケアや運動が非常に効果的であるとの研究結果もあります。

ケアも運動も、どんな種類でも構いませんので、自分にあったものや自分が好きなものを選びましょう。

 
つまり、腰痛は「疲労の蓄積とストレスによる脳の誤作動によるもの」がほとんどと言えるでしょう。

 

【当院での施術】

 

 

初回はあなたの状態をしっかりと把握するために、まずはしっかりとお話を聞きます。

そのうえで、多くの場合は腰よりも下の太ももや臀部(おしり)の筋肉を緩めることから始めます。

最初から腰にアプローチするよりも効率がよく、何より余計に痛みが強くなるなどの副反応が出にくい理由からそのようにしています。

 
これは当院とほかの整体院やマッサージ店と大きく違う点でもありますが、ちゃんと解剖学に基づいていますのでご安心ください。

 

【改善に向かうために】

 

長年付き合ってきた腰痛とお別れをしたい、

今後、そんな腰痛を未然に防ぎたい、

あなたもそう思いますよね。
 

改善のために非常に有効な手段をご紹介しますね。

 

「KDHの法則」というものがあり、
 

Know     ⇒正しい知識を得る・自分を知る
Do     ⇒それを実際に行う
Habitualize ⇒そしてそれを習慣化させる
 

というものです。

さっき僕が創りました(笑)

 

1、腰痛とは、疲労の蓄積とストレスによる脳の誤作動であると知る。

2、適度な運動と、自分が心から楽しいと思える趣味を楽しむ。

3、そして、それらを習慣化するのです。

 

正体さえわかってしまえば腰痛も怖いものではなくなるでしょうし、痛みのメカニズムがわかれば今後の対策を立てることもできますからね。

 

【まとめ】

 

腰痛は、ストレスなどによる脳への影響と筋肉疲労の蓄積が大きく関わっていることが最新の研究で明らかになっています。

そして、腰を意識すればするほど症状が長引いてしまうこともわかってきました。
 

しかし一方で、日々を楽しく、そしてなるべくカラダを動かす習慣を取り入れることで予防ができる症状なのです。

 
僕たちは、あなたがあなたらしい人生を楽しんでほしいと思って毎日仕事に臨んでいます。

そんなあなたのために、最新で信頼できる情報の入手と施術の技術を磨いています。

つらい腰痛にお悩みのかたは、今すぐ僕たちにご相談ください。

 

あなたがこの先の人生をめいっぱい楽しめるように、一緒に頑張りましょう。

 

こちらの患者さんの声も参考にしてください

 

【悩みの種であった腰痛が改善されました】

30代男性

【今までの整体院の中で・・・】

40代女性


【技術、サービス、気配りが最高です!】

30代女性

 

睡眠の質を劇的に変える、たった3つの方法

この元住で開院し、もうすぐ9周年を迎えます。

腰痛や肩こり、頭痛、自律神経失調症などを代表にさまざまなお悩みのかたの症状改善のお手伝いをしてきました。

そのなかで、

 

「寝付けない」

「夜中に起きてしまう」

「寝ても疲れが取れない」

「昼間に急激に眠くなってしまう」

 

そんなお悩みを抱えたかたがたくさん来院されました。

 

厚労省のサイトでは、こうした睡眠障害は

「メンタルヘルス」

に位置付けられているようですね。

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_sleep.html

 

また、日本生活習慣病予防協会によると、

日本人の約20%が慢性的な不眠とのことです。

たしかにそんな気もします。

http://www.seikatsusyukanbyo.com/statistics/disease/dyssomnia/

 

ただ、僕は決して脅したり怖がらせたいわけではなく、

むしろ対策はいくらでもあるよと言いたいのです。

 

そうした人たちにも読んでもらえればうれしいし、

せっかくなので「寝ることが趣味」というあなたにも

読んでいただきたい内容のブログを書きました。

 

 

僕たちが生きていくために絶対必要なのがこの睡眠。

睡眠は脳内の情報を整理し、内臓のメンテナンスをしたり疲れを回復してくれます。

 

そんな睡眠に人生のおよそ3分の1を費やしていますが、この3分の1の質をあげることが残りの3分の2の質をあげる一番の方法ではないでしょうか。

逆もまた然り、起きている日中次第でこの睡眠の質があがることがわかってきています。
 

最近では短い睡眠でも大丈夫という短眠法といったものがありますが、ここでは「超」がつくほど基本的なことをお伝えしていきますね。

 

逆にいえば、だれでもすぐに実践ができるという意味でもありますので、ぜひ最後まで読んで今日から実践してみてください。

 
それでは早速いきましょう。
 

 
=================

①毎日なるべく同じ時間に寝る

②体温を上げる

③朝起きたらすぐに太陽の光を浴びる

=================

 

①毎日なるべく同じ時間に寝る

 

これは睡眠をパターン化するということが目的です。

脳が働きだして活性化すると寝れなくなることはご存知ですよね。

 

よくスマホなどのブルーライトが原因で寝れないといわれますが、それよりもスマホやPCを使うことによって脳が使われる影響のほうがはるかに大きいそうです。
 

高速道路を運転してると眠たくなるのは、眼に入ってくる景色がほとんど変わらないためです。
 

パターン化・ルーティン化することにより脳を働かせないことが大切で、

理想は、同じ時間だけではなく、いつもの場所(自宅など)、同じ布団と枕、同じパジャマ、

もし音楽を聴くのであれば歌詞がなく静かで単調な音楽が適していると言えます。
 

 

②体温を上げる

 

睡眠の質をあげるためには「寝入り時の体温を下げる」必要があります。

実は寝る前に体温をあげておくことが、寝入り時の体温を下げることにつながってくるのです。
 

「子供の手が熱くなってると眠たい証拠なんだよ。」
 

そう聞いたことがある人も多いかと思います。

これは本当のことで、手足を温めることでカラダは熱を放出し、そうすることで体温が下がり睡眠状態に入っていくのです。
 

一番のおすすめは、お風呂でしっかりカラダを暖めることで、ベストは寝る2時間前までにお風呂に入ることです。

一度しっかりとあがった体温は、およそ2時間後に急激に下がっていくというデータがあります。

これは季節関係なく有効だと言われています。
 

夏のよるが寝苦しいのは、気温が高すぎるとこの熱放出がうまくいかず入眠が妨げられるから。

逆に冬の寒いときは、気温が低くて血行不良が起こっていれば足先への血流もうまくいきませんよね。

そうすると足が冷たいままなので熱放出がおこなわれないため、これも入眠を妨げる原因になってきます。
 

夏も冬もエアコンなどをうまく活用することも大事なことです。

 

③朝起きたらすぐに太陽の光を浴びる

 

最後の3つめは、睡眠の質をあげるためには起床直後の行動がカギになるというお話です。

 

地球は24時間というサイクルで回っているのはご存知かと思います。

いっぽうで、僕たち人間は24.2時間と、地球とは少し体内サイクルが違っているんですね。

 

これを24時間に調整・リセットしてくれるのが太陽からの光で、朝起きてすぐにこの光(できれば日の出のオレンジ色の光がベスト)を浴びることによって体内時計がリセットされることがわかっています。

 

ちなみに、これは曇りだとしてもあまり関係ありません。

 

カラダはその光をちゃんと感じてくれる仕組みになっていますので、どんな天気であっても朝起きたら外に出ていきましょう。
 

その刺激によってメラトニンの分泌が制御され、交感神経優位になることで朝から活動的になることができるのです。

 
朝の目覚めのリズムがいいと夜もしっかり眠くなってくれます。

目覚めを制するものは眠りを制するわけですね。
 

逆にせっかく目が覚めたとしても布団のなかでうだうだしていると、メラトニンの分泌がなかなか減ってくれないためためなかなか覚醒しません。

それが何日も何カ月も続くと、脳が覚醒するのに時間がかかってしまうというクセがついてしまいますのでご注意ください。

 

~今回の内容の要約~

 

朝起きたらサクッと外に出て朝日を浴び、
できるだけお風呂に入ってカラダを暖めて、
決まった時間に寝る。

 
たったこれだけです。

 
最近睡眠の質があまりよくないなぁと思われているかたは、ぜひこの3つを実践してみてくださいね。

 

普段から寝る前にお酒やコーヒーをよく飲むかたは、そのタイミングを変えたり量を控えてあげるとより一層の効果が望めるでしょう。

栄養が偏っているかたや運動不足のかたは、よい睡眠のためにはそれらも見直す必要があると思います。

 

それでも睡眠の質が一向に変わらないのであれば、そのときは私たちにご相談ください。

私たちの整体法がお力になれるかもしれませんので♪

 

 

今回の内容はこの書籍からけっこうもらいました。

 

この本は院内にもレンタル書籍として置いていますので、

興味があるかたはどうぞ💛