カラダのこと |  周辺のお店 |  おすすめの本 |  ブラックボード |  雑学 |  いけだの奇妙な雑談 |   いただきました♪ |   日常

腰痛の新常識2【安静にするより動きましょう】

ぎっくり腰や、腰痛が気になるとき。

安静にしてゆっくり休んでね、なんて声をかけられること多くないですか?


激痛で起き上がれない!
という場合はやむをえませんが
腰痛治療のためにじっとしている、ベッドで横になっているというのは、かえって回復を遅れさせます。


動かない=筋肉量が低下してしまいます。
三日間安静にすると、筋肉の1パーセントが減少します。
これは、運動習慣のない成人が一年間に失う筋肉量と同じです。


可能であれば、一日も早く仕事や家事など、日常生活に戻りましょう。
痛みがあまりにもつらいときは、市販の鎮痛薬を頼りにしても大丈夫です。
そして、少しずつでも動きましょう。


怖くてベッドから出られない!というときは、
まず起き上がることを目標に。
それができたら家のなかを歩くことを目標に。


できないことよりも、できたことに目を向け、自分の足で立ち上がって動く。
それが回復への近道で、再発も防ぎます。


もし腰痛のことで気になることがあれば、当院にご相談ください。



腰痛ガイドブック 根拠に基づく治療戦略 長谷川淳史著 より




【川崎市元住吉の整体院  手足のしびれ、坐骨神経痛なら】

大川カイロプラクティックセンター元住吉整体院

住所:神奈川県川崎市中原区井田中ノ町2-5 ベネフィールド1F
電話:044-872-7567
駐車場もございますのでお車でお越しの際はお問い合せください。

受付時間

平日:AM10:00~PM8:00 / 土日祝:AM10:00~PM6:00
定休日:毎週火曜日

お子様と一緒でも大丈夫です。
詳しくはスタッフまでお気軽にお聞きください。


 

コメント一覧を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA